読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TBSテレビ

久々にはまったドラマ。良い最終回だった。TBSが頑張ってくれるのはうれしい。

www.tbs.co.jp

 

 

大丈夫かな

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/28/1216ho.html

これ84.0MHzに割り当てちゃったけど、NHK長野FM放送(美ヶ原)との混信、大丈夫なのか?

昔、埼玉県浦和市でラジオ少年だった頃、美ヶ原の84.0MHzが受信できた。テレビ埼玉受信用のUHFアンテナのビーム方向が丁度長野方面だったこともあって美ヶ原の長野のテレビ局もノイズ混じりに受信できたのが面白かった。

 

NHK-FM 本部と地方局

ラジオもクリスマスソングが多くなってきた。久々にAccuphase T-105で落ち着いて聞いてみる。

このチューナーは局ごとの音質差がわかりやすいのと、メーターがマルチパスや変調度が見られるようになっているので、差がどうしても気になってしまう。民放各局は100%変調にバシッとピークを揃えているが、NHK-FMは民放のような極端なコントロールはせず、200%まで素直に振らせているというのは変わらないが、それもあってかNHKは生放送と収録の音質差がわかりやすい。差の主因は、変調前の素材の段階のデジタル圧縮伸張の回数の違いのように思う。

f:id:t1000zawa:20161211161720j:plain

 一方、送信段階の音質差は、NHK東京FMと、NHK横浜FMで比べると、これも東京が良い。以前、周波数特性云々の話を書いたが 、その違いというよりは、やはり本部と地方局の中継回線のデジタル圧縮伸張の段数の差だろう。気持ちよく聴くなら東京だ。子供に聞かせてもすぐわかる東京と地方局の音質差。面白い。

 

t1000zawa.hatenadiary.jp

 

 

鎌倉エフエム放送

もう数年経つのだと思うが、移転後の場所、初めて知った。長谷の消防分署の3階。
f:id:t1000zawa:20161205232516j:image

システム障害

いま身近に起きている、ある社のシステム障害、今年のANAのシステム障害を連想させますなあ。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/041100532/?ST=spleaf

標準電波 うるう秒予告

来年1月1日午前9時直前にうるう秒が挿入されることになっているが、電波時計で利用している標準電波には12/2からうるう秒予告信号が載るので、電波時計モジュールの出力パルスをaruduinoでデコードして見てみました。

次のうるう秒は1秒の挿入なので、LS1 LS2の2bitが"1"になるのですが、確かにその通りになっていました。
f:id:t1000zawa:20161205075408j:image

挿入されるその時には、毎分59秒と0秒に現れるポジションマーカー2連発の直前に単純に"0"を挿入することで1秒挿入されるとのこと。
f:id:t1000zawa:20161205075501j:image

 

イルミネーションIoT化(笑)

 そろそろクリスマスの準備ということで、少しはキラキラしてやろうと電飾の準備を始めた。一昨年前まで使ってのは秋葉原で900円くらいで数年前に買ったMade in CHINAの粗悪品で、100Vの直列LEDでPSEマークも無い危険なものだったが、LEDがぼろぼろと外れるようになってしまい廃棄してしまっていた。

 今年は、CAINZ HOMEで売られていたソーラーイルミネーションライト(50球 ブルー)を購入した。

f:id:t1000zawa:20161127214632j:plain

 

電源は太陽電池パネルによって充電される単3ニッケル水素電池1.2V 1000mAhの3本直列。電池が弱っても交換できるのが便利。青色LEDの25個直列、ではなく並列が2系統になっている。PWMかと思ったが、50Hzくらいで点灯かつ電圧を変化させているらしい。

f:id:t1000zawa:20161127214633j:plain

取扱説明書によれば8時間充電、8時間点灯とのことだが、冬場にフル充電は厳しいだろう。眺めているうちに、ただ使うのはつまらなくなったので、付属の単3Ni-MH電池は他の用途に回してしまい、余っていたPanasonicの830mA NiMHバッテリーパックに換装し、さらにWifiモジュールESP-WROOM-02(ESP8266)で電池の電圧をA/D変換し、deep sleep modeで30分おきにIOTサイトambientに電圧データをアップロードしてモニターできるようにしてみた。よく考えたら充電時にはピーク4V近くなりESP8266のVcc絶対定格を超えるため、ESP8266の電源ラインにダイオードの順方向電圧降下で電圧調整し、降下分はソフトで補正している。やろうと思えばWifiで外部からイルミネーションを点灯させたり点灯パターンを変えたりもできるが、そこまでやるのも面倒くさい。


f:id:t1000zawa:20161129013627j:image

ソーラーパネルユニットは防水なのでWifiモジュールを中にいれれば屋外センサーとして通年使えそう。

f:id:t1000zawa:20161126151917j:plain

f:id:t1000zawa:20161126152955j:plain

まだ3日しか運用していないが、冬の日照を考えると少し無理ある充電計画が前提になっている商品に思える。店頭ではクリスマス商品として並んでいたがクレーム出やすい商品かも。満充電からスタートして3日、昨日は夕方2時間でLEDの点灯は力尽きたようだ。その後もWiFiモジュールはデータを送ってくるので、バッテリーを過放電させないような充電制御をしているように見える。しばらく動きを観察してみようと思う。f:id:t1000zawa:20161129010721p:plain

ま、宵の口点灯してくれればいい。キラキラときれいですな。

f:id:t1000zawa:20161127214807j:plain