GW中の無線局運用

GW中の無線局運用は、そろそろシーズンとなるEスポを気にした程度で、アクティビィは低かった。Eスポは、5月に発生したものは、50MHzで九州、四国西部
熊本県の局が「毎日揺れて大変です」と印象的立った。四国は次から次と呼ぶ局が多く何回呼んでも応答は無かった。

短波帯7MHzの電信で南米エクアドルHC2AOが超強力でリアル599。呼んだら一発で取ってもらえた。エクアドル地震で大変そうだが大丈夫だったらしい。「JA QRP」つまり日本の小電力局と優先的に交信しようとしてくれているのが印象的だった。