NATIONAL RQ-237

大ラジカセ展で記憶が蘇った。自分が初めて使ったラジカセはNATIONALのRQ-237なのだが、ネット上の情報も少なく、カタログも目にしたことは無かった。自宅にはラジカセなんぞは無い時代。テープレコーダーも勉強の邪魔と取り上げられていた。そこで祖父の家で大して使われずにあったものを、半ばかってに持ち出して独り占めしたのがこのラジカセだった。小学校5年、1977年だったと思う。FM放送に接したのもこのラジカセが最初。当時のカタログを見ると、SoundJackとかTimeFMという名前がついているから、FM付のラジカセはまだ珍しかったのであろう。当時はFM東京NHK-FMしかなかったが、まだ県域のFM局があることも知らず、なぜFM東京は80MHz一箇所でしか聞こえないのに、NHK-FMは複数個所で聞こえるのか不思議だった。ポーズボタンが無かったので、エアチェックは技術が必要だった。録音レベルはオートとマニュアルが選べた。オートで録音するとAGCの不自然さが嫌で、いつもレベルメーターを注視しながらマニュアルで録音していた。中波の感度も良く、ベリカード集めもこのラジカセからだった。

思えば中学生から高校生初期までずっと一緒に過ごした。中学生になると、友人や先生がステレオラジカセを持っていたのに、自分はずっとモノラル録音だったがそれはそれで満足だった。ステレオラジカセをようやく買ったのが1983年だったと思う。

f:id:t1000zawa:20170812193604j:plain

f:id:t1000zawa:20170812193613j:plain