台風21号の爪痕

 台風21号の影響で逗子市小坪周辺は10月23日午前3時頃から停電。私が所属する地元無線クラブが管理するアマチュア無線の披露山中継局(430MHz帯アナログ中継局、デジタル中継局)も停電。UPSのバックアップがあるものの瞬停対策の小型のものなので30分程度で力つき停波となった。復電後、無線設備は起動したものの、インターネットを使ったアマチュア無線の全国中継網「D-STAR」に接続するためのゲートウェイPC(ノートPCのLinuxサーバー)は自動起動しないため、臨局して再起動が必要となった。(電源ボタンを押すだけなのですが)

10月25日夕方に無線クラブの方に起動してもらったものの、復旧しないとの連絡。私が10月26日朝に臨局したところ問題なく起動できた。ログを見ると、2つあるイーサネットポートの1つがうまく初期化できてなかった模様。

f:id:t1000zawa:20171031090734j:plain

この中継局の設備は市の施設内にあるため、入室には市役所への事前連絡が必要。当然、連絡の受付は平日営業時間のみとなる。無線設備自体はほとんど保守や監視は不要だが、PCが絡むと保守や監視は必須。中継局は災害時や非常時の通信手段としても期待されているゆえ、安定運用のためにはもう少し信頼性向上が必要である。