電気と電子と電波の日記

自己満足の日記です

TBSラジオの思い入れ

私のTBSラジオの思い入れは小学校4年に遡る。当時は朝から晩までTBSと共にいて、友達にも人気の高かった番組が、「一慶・義雄の夜はともだち」

テーマ音楽担当はキャンディーズだった。当時はTBS派、文化放送派に2分されていて、文化放送派は「みのもんたのワイドナンバーワン」に思いを入れていた。

ニッポン放送は関係無いのかと思うかもしれないが、TBSの送信所は埼玉県戸田市文化放送の送信所は埼玉県川口市赤井だった訳で、千葉県木更津市ニッポン放送は、電波が弱くて眼中になかった。鶴光のオールナイトニッポンに目覚めるのはそ2、3年後、中学生になってからだ。

ま、小学校のその頃からラジオに憧れて、小学校5年生になったとき、5年3組の出席番号が誕生日順で6番だったので、5ー3ー6という表現が当時のTBSの住所である東京都港区赤坂5丁目3番6号と同じになって、これは何かの縁かと嬉しかったのは鮮明だ。

その翌年、小学校卒業アルバムには、なりたい職業として、周囲の友人が、プロ野球選手とか、パイロットとか書いている中で「放送関係」と書いた自分がいる。

 

TBSは、日曜深夜放送休止と、月曜早朝の放送開始前に素敵な曲を流していた。当時は誰のなんという曲かもわからず、歌詞も、「you あなたのー youあなたのーTBS TBS TBSラジオ」と聞こえていたのが、実はyou are not alone だったというのがわかったのは、最近のことである。

その名曲、ウンチクはここ。

http://www.theme-music.net/sp/radio/a01/tbs-song.html

その曲はここ

https://youtu.be/OVYVv1_fohY

↑ピッチ速い

https://youtu.be/icpfOiR5z2Y

↑ちょっとピッチ遅い気もするが、ほぼ忠実か。

 気になっているのは、27年も前のマイクロフォンが、どんなモデルだったかということ。1950年代、さすがに、カーボンマイクじゃないと思うが、なんだろうね。

 

もはや自分はTBSは関係ないが 、一時、上司がTBSの方だったり、TBS社員と仕事で直接お付き合いがあったするのは、何かのご縁と感謝しているが、やはりその現場にいる彼らは羨ましいし、自分がそこにいたらまた違う充実感があったんだろなあと思う。そういう意味では志の低いTBS社員に直面すると、説教したくなる。