電気と電子と電波の日記

自己満足の日記です

北海道胆振東部地震 各局の対応

今朝発生した北海道の地震(平成30年北海道胆振東部地震命名された)の各局対応メモ。今回は停電の問題がクローズアップされることになりそうだが、まずは真夜中の地震における在札各局の初動をradikoタイムフリーで聴いてみた。

 

北海道放送 HBCラジオ
「Fine!!」 (JRN系) 「 池田めぐみ」の番組中。緊急地震速報はなし(radikoだから?)
September/EW&Fの後、3:12頃TBSニュースデスク星さん 第一報。ローカルCM送出。
その後もTBS星さんからニュース。ネット依存で大丈夫かと心配していたら、さすが天下のHBC

3:22頃からHBCテレビと同時放送
3:26頃「お、なんだ」「停電があったようです」→ ここで非発にきり変わったのだろう。
その後、ラジオスタジオから北海道訛りの女性がニュース読み上げ。
次に自宅から駆けつけたという男性アナウンサーに交代( 朝5時の番組のアナか?)
スタジオは複数のアナウンサーで対応。
停電の札幌市内からレポーターの携帯電話、函館など道内各地からの中継…

夜中にこの初動はさすが北海道放送だ。涙が出る。


STVラジオ
乃木坂46 新内真依オールナイトニッポンZEROの番組中、3:08緊急地震速報割り込み。
2分間の割り込みの後本編に戻り 、リスナーとの電話、テディーベアだの結婚式だのカレシだの。
3:14頃、「STVラジオ地震速報です。ずッ(鼻をすする音)」と割り込み。緊張のあまり、鼻をすするは声が震えているわ。でも想いは伝わる。
3:15頃 男性アナ登場。以後、地震情報。
3:40頃からはテレビと同時放送。

こちらもさすがの初動だ。HBCより速かったのではないか?

 

Air-G (エフエム北海道)

2:00からの3時間枠で地震発生。緊急地震速報は無し。

3:50から男性アナウンサーによる割り込みの地震情報。4:02頃から2回目の地震情報。以後本編割り込みの地震情報。6:00からJFN中西哲生クロノス。番組頭からAIR-Gエフエム北海道の森本アナの電話入中。ここに夜勤当番アナがいるとは思えないのだが、FM局にしては驚異のレスポンス。札幌ゆえ(職住近接)のなせる技か。

 

◻エフエムノースウェーブ

3:00からのTRANSIT NIGHTで地震発生時刻になる。緊急地震速報は無し。

ここは緊急報道体制はそもそも期待できない。フィラー的な完パケが続く。聞いた限りでは、地震第一声は、朝6時からローカル朝ナマワイド。

KATSU IN THE MORNING (DJカツノリ)がノリノリでスタート。通常の運行で地震情報をフォロー。いいじゃん、カツノリ。http://gakusei.arukita.com/tk_view.php?prc=tk_serial&_seq=855&pgno=2&bflg=i

 

緊急地震速報が聞けたのはSTVラジオだけだったが、札幌各局の基準はいずれも「北海道地方で震度5弱以上」なので、STVラジオ以外はradikoには出さない送出系なのかも知れない。

f:id:t1000zawa:20180910001659j:image

 

◻バヌアツの法則というのがある。

https://soyokazesokuhou.com/banuatsu/

信憑性の判断はお任せするが、参考になるだろう。

追記  9/7 00:49JST fijiでM8.1の深発巨大地震発生。