電気と電子と電波の日記

自分のための備忘メモです

ADF4350 PLL基板の動作確認

ADF4350のPLL基板をebayで買って放置していたが、ようやく動作確認をおこなった。

f:id:t1000zawa:20190303155856j:plain

とりあえずの確認なので、arduino(nanoの廉価品)を接続してレジスタに値を書き込む。 

https://www.analog.com/jp/products/adf4350.html

GitHub - darkbyte-ru/ADF4350: ADF4350 arduino library

arduionoとAD4350との接続は
 D10-LE

 D11-DAT

 D13-CLK

ArduinoのサンプルスケッチはLEをpin10に、RefFreqは基板に載っているTCXOにあわせて25MHzに変更。430MHz帯で発振させると、430MHz帯の無線機でキャリアを確認できた。

基板上のLDpin(PLLのLock検出)のLED(D3)が光らないので、REG5のLD PIN MODE を明示的に送るようにAD4350.cppを変更してみたら、lock時に光るようになった。

 さてどこまで発振できるかなと試すと4.5GHzまではなんとかいけた。

f:id:t1000zawa:20190303163703p:plain

 さて、これで何をするか。1200MHz帯を受信するコンバーターを考えてみますか。

 (参考)

http://www.kh-gps.de/adf4351.htm

https://www.ntms.org/files/Apr2017/Arduino_Controlled_ADF4351.pdf

(追記)

なんとAruduinoNanoモドキの入出力のロジックレベルは5Vだった。ADF4350は最大定格はVCC+0.3V。壊れなかったようだが、アブナイアブナイ。