雷センサーAS3935 その後

 4月から雷センサーを太陽電池+ニッカド電池で運用中。雷検知でgmailにメールを自動的に送る。5/1の雷雨では、検知成功。
f:id:t1000zawa:20170508193859j:image
f:id:t1000zawa:20170508193953j:image
f:id:t1000zawa:20170508194035j:image

だが課題あり。現状、朝5時台と夕方18時台に決まって誤検知がある。ここ1週間見ている限り、日の出と日没時刻と相関関係があるように見える。ソーラーパネルユニットはLEDイルミネーション用で、明るさでイルミネーションを自動点灯する機能があるので、そのタイミングで雷センサーが雷と誤検知するノイズを発生させているのかも。しばらく原因調査する。

披露山中継局

こちら、逗子披露山の地上デジタル放送逗子中継局のアンテナタワー。UHF帯 NHK2波+民放6波(含TVK)の8波を送信。各チャンネルの空中線電力は1W。上位の局の放送波を受信して再送信しているらしい。覆いつきのパラボラは湘南平中継局の受信用。メッシュのパラボラがTVK鶴見親局向けか、東京スカイツリー向け予備か。いい加減なこと書かずにNHKアイテック刊の赤本見てくれってか(笑)
f:id:t1000zawa:20170417094830j:image

こちら、逗子披露山のUHF帯 430MHz帯のアマチュア無線用中継局(レピータ)のアンテナ。従来のアナログ(FM)中継器に加えてD-STAR方式のデジタル中継器を増設。空中線電力は10W。
f:id:t1000zawa:20170417094859j:image

ということで、プロアマの設備の規模には大きな違いがあるものの、関係者のご尽力でアマチュア無線の逗子中継局もデジタル化いたしました。

 

電波時計

これの続き。

t1000zawa.hatenadiary.jp

この電波時計モジュール(aitendoで39円だった)と、ebayで2ドル程度で手に入るArduino Pro Mini atmega328 3.3V 8Mと、秋月電子の液晶

I2C接続小型キャラクタLCDモジュール(16x2行・3.3V/5V)ピッチ変換キット: ディスプレイ関連 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

の組み合わせで、デコードした内容と、時刻日付曜日を表示し、圧電素子もつけて時報も出るようにした。3.3V動作なので、電池動作でも単3アルカリ電池で数日は持つ。

LCDの上段は、

・40KHzの電波のパルス長から得たコード「1」「0」「M」(マーカーとポジションマーカー)の表示

・マーカーを検出した後のコード位置(1から60)

・デコードした値 分(2桁)+時(2桁)+年通算日(3桁)+年(西暦下2桁)+曜日コード1桁(0:日曜~6:土曜)+うるう秒ビット1桁(2ビット10進表示)

LCDの下段は、

timeライブラリを使って、毎分、Arduinoの内部のepoch timeをJJYから得た値にあわせて、現在時刻、日付、曜日を表示している。本当はRTC入れればいいんだけど。

圧電素子は、tone関数で、ポ・ポ・ポ・ポー(440Hz,440Hz,440Hz,880Hz)を出力させている。時報はJJYのデコードパルスの立ち上がりに同期してるので放送局(遅延のないアナログラジオ)の時報とピッタリ合って気持ちいい。

なおいまのところ、パリティチェックと、毎時15分と45分のモールス信号のコールサイン無視と、STビットのデコード、SUビットのデコードは省略している。目でデコードできるし。

f:id:t1000zawa:20170326101804j:plain

電波時計はノイズに弱く受信場所を選ぶねえ。

f:id:t1000zawa:20170326131453j:plain

証人喚問の中継

きょう午前中の参議院予算委員会の証人喚問。NHK、民放とも、テレビ中継のメインはこのカメラアングル。籠池氏の発言と、どうしてもそっちに目が行ってしまうこのアングルの背景に目と耳が離せない、WBCよりもすごいコンテンツだと思った。

f:id:t1000zawa:20170326130333p:plain

放送記念日

3月22日 放送記念日は、1925年(大正14年)3月22日にNHK(当時東京放送局)がラジオの仮放送を始めたのを記念し昭和13年に制定されたもの。です。

毎年、NHKでは放送記念日に特集をおこなっていますが、今年はこれでした。

[放送記念日特集 【「今 テレビはどう見られているか」】 ]の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)